フリーランスが在宅で稼ぐためのブログ【稼グッド】

WordPressをSSL化(https)する全手順【図解】エックスサーバー編

WordPressをSSL化(https)する全手順【図解】エックスサーバー編

エックスサーバーは独自SSLを無料で利用できるようになりました!

今回はエックスサーバーで運用するWordPressサイトを常時SSL化(http→https)する全手順を図解で分かりやすくお伝えします!初心者の私でもカンタンにできました!

スポンサーリンク

主な手順

今回私が実施したSSL化の手順は以下の通りです。

  1. バックアップをとる
  2. エックスサーバーでSSL設定をする
  3. WordPressでURLを変更する
  4. 内部リンクのURLを全置換する
  5. 「.htaccess」でリダイレクトする
  6. テーマ内のURLを変更する
  7. 正常にSSL化できているか確認する

手順1「バックアップをとる」

まず事前に「データベース」および「FTPファイル」のバックアップをとっておきましょう。万一、作業中に問題が生じた場合でも、作業前の状態に復元できるようにするためです。

※データベースのバックアップ方法は別記事にて後日紹介します!

手順2「エックスサーバーでSSL設定をする」

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

エックスサーバー サーバーパネル

サーバーパネル内の「SSL設定」をクリックします。

SSL設定

ドメイン選択画面でSSL化したいドメインを選び「選択する」をクリックします。

ドメイン選択画面

すると「SSL設定」画面が表示されるので「独自SSL設定の追加」タブを開き、該当のURLを選択し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

独自SSL設定を追加する(確定)

※「www」が付いたものがありますが、そのままでOKです。
※「CSR情報(SSL証明証申請情報)を入力する」というチェック項目は、チェック無しでOKです。

独自SSL設定を追加すると、「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」という表示が出るのでしばらく待ちます。

SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。

申請が完了すると、以下のような完了メッセージが表示されます。

完了メッセージ

「SSL設定の一覧」タブを開くと、標準独自SSL一覧にサイトが追加されています。

SSL設定の一覧

URLをクリックすると、SSL化されたサイトが開きます。SSL設定が反映されるまでは最大で1時間程度かかるため、しばらく待ちます。その間は以下の画面(※Chromeの場合)が表示されます。

この接続ではプライバシーが保護されません

手順3「WordPressでURLを変更する」

無事にサイトにアクセスできるようになったら、WordPressの設定からURLを変更します。

WordPress管理画面にログインし、「設定 > 一般」を開きます。

設定 > 一般

一般設定の「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」のURLを「http」 ⇒ 「https」に変更します。

「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」

手順4「内部リンクのURLを全置換する」

WordPress本文中の内部リンクや、imgの内部画像リンクを全てhttpsに変更します。投稿や固定ページを一つ一つ手作業で変更しても良いのですが、莫大な時間と労力がかかってしまうので、プラグインで一括置換していきます。

おすすめは「Search Regex」です。まずこちらをインストールして有効化します。

Search Regex

WordPress管理画面より「ツール > Search Regex」を開きます。

ツール > Search Regex

「Search pattern」に置換前のURL(http://~~~.net)を、「Replace pattern」に置換後の(https://~~~.net)を入力して「Replace」ボタンをクリックします。※この時点ではまだデータベースの内容は変更されないのでご安心ください。

Replaceをクリック

すると以下のように置換対象が一覧で表示されます。内容に問題が無ければ、「Replace & Save」ボタンをクリックします。

Replace & Save をクリック

手順5「.htaccess」でリダイレクトする

それでは、「.htaccess」でリダイレクト設定をしていきます。

FTPソフトでWordPressが格納されているフォルダにアクセスし、「.htaccess」をおろしてきます。

.htaccess

「.htaccess」をテキストエディタで開き、下記のコードを一番上に追記し、アップロードします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

手順6「テーマ内のURLを変更する」

最後にテーマに直接記述されているURLを「http」 ⇒ 「https」と変更します。

テーマ内のURLを変更する

※常時SSL化をすると読み込んでいる外部ファイルがhttpのままだと正常に機能しないため、テーマファイルに直接記載しているURLも忘れずにhttpsに変更しましょう。

正常にSSL化できているか確認する

ひと通り作業が完了したら、正常にSSL化できているか確認しましょう。実際にサイトにアクセスし、以下のように「緑色のカギマーク」+「保護された通信」と表示されていれば安全な状態です。(※Chromeの場合)

保護された通信

これでサイトのSSL化は完了です。実際にやってみると意外に簡単にできました。

まとめ

ここではエックスサーバーで運用するWordPressサイトを常時SSL化(http→https)する手順を紹介しました。

Googleはhttpsを推奨し、SEO(検索順位)でも優遇すると公表しています。まだ対応していない方は、これを機に常時SSL化してみてはどうでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

※掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。ユーザー様に、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当ブログまでご一報いただけますと幸いです。

ブックマーク&シェアして頂けたら幸いです!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

プロフィール

はじめまして田村(@tamura_kasegood)です。

2016年11月から専業アフィリエイトを開始。約1年で月収100万円を達成!

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

新着の記事