フリーランスが在宅で稼ぐためのブログ【稼グッド】

JETBOYで無料SSLを設定する方法【図解で簡単】

JETBOYで無料SSLを設定する方法【図解で簡単】

JETBOYでは無料SSLの「Let’s Encrypt」が使えます!

ここでは、「JETBOYで無料SSL(Let’s Encrypt)を設定」する手順を【図解】で分かりやすく解説します!初心者の私でもカンタンにできました!

スポンサーリンク

主な手順

今回私が実施した手順は以下の通りです。

  1. サーバーパネルにログイン
  2. cPanelにログイン
  3. Lets Encrypt™ SSLの設定
  4. 正常にSSL化できているか確認

手順1「サーバーパネルにログインする」

まずはじめに、JETBOYの「サーバーパネル」にログインします。

サーバーパネル

手順2「cPanelにログインする」

サーバーパネルに入れたら、左メニューの「cPanelログイン」をクリックします。

cPanelログイン

手順3「Lets Encrypt™ SSLの設定」

「セキュリティ」項目の「Lets Encrypt™ SSL」をクリックします。

Lets Encrypt™ SSL

すると、JETBOYサーバーに登録しているドメインが一覧表示されるので、SSL化したいドメインの「+Issue」をクリックします。

+Issue

SSL化したいドメインの「Include?」と、下にある「Install mail SMTPS/POP3S/IMAPS SSL certificate for (ドメイン名)」にチェックを入れ、「Issue」をクリックします。

「www.○○○.net」にチェックを付けると、www(有/無)どちらにも「https」が設定されるので安心してください。

Issue

「Issue」ボタンが「Please wait…」と変わるので、しばらく待ちます。

Please wait...

以下のように表示されたら、SSLの設定が完了です。※IPアドレス/ドメインの箇所は、あなたの情報が入っています。

SSLの設定が完了

HTTPS(常時SSL化)が反映されるまでには、数時間~3日程度かかります。しばらく待ちましょう。

手順4「正常にSSL化できているか確認する」

作業が完了したら、正常にSSL化できているか確認しましょう。実際にサイトにアクセスし、以下のように「緑色のカギマーク」+「保護された通信」と表示されていれば安全な状態です。(※Chromeの場合)

https

まとめ

ここではJETBOYで無料SSL(Let’s Encrypt)を設定する手順を紹介しました。

JETBOYレンタルサーバーは常時SSL化(HTTPS)が無料で利用できます。GoogleはHTTPSを検索順位で優遇すると公表しており、これを機にあなたのサイトも常時SSL化してみてはいかがでしょうか。

JETBOYはアダルトサイトOKで、全プラン「24コア48スレッドの高速SSD標準装備」&「SSLが無料」とハイスペックなレンタルサーバーであり、しかも月額817円~とコスパも最強です!

高速SSDの「JETBOY」を公式サイトで詳しく見る

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

※掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。ユーザー様に、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当ブログまでご一報いただけますと幸いです。

ブックマーク&シェアして頂けたら幸いです!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

プロフィール

はじめまして田村(@tamura_kasegood)です。

2016年11月から専業アフィリエイトを開始。約1年で月収100万円を達成!

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

新着の記事