web運営者に役立つノウハウを発信!webで稼ぐブログ【稼グッド】

エックスサーバーからConoHa WINGにサーバー移行する手順【図解でわかりやすく】

XSERVER → ConoHa WING

この記事では「Xserver(エックスサーバー)」から「ConoHa WING」へサーバー移行する方法を図解でわかりやすく解説します。

はじめに|移行手順9つのステップ

エックスサーバーからConoHa WINGへの移行は、大まかに次の手順で行います。

  1. サイトのバックアップをとる
  2. ConoHa WINGのサーバーを契約する
  3. ドメインを追加する
  4. ConoHaのDNS設定をエックスサーバーに向ける ※
  5. サイトをコピーする(かんたん移行)
  6. コピーされたサイトを確認する
  7. ドメインのネームサーバーを変更する
  8. SSL設定をする
  9. DNS設定を元に戻す

※手順4はダウンタイム(サイトが表示されない期間)を発生させないために行なう作業です。

手順1|サイトのバックアップをとる

万一に備えて、移行作業に入る前に、移行したいサイトのバックアップをとっておきましょう。

バックアップ方法は、以下記事で解説しています↓
WordPressをバックアップする方法「All-in-One WP Migration」

手順2|ConoHa WINGのサーバーを契約する

バックアップが完了したら、ConoHa WINGに申し込みます。

契約手順①|ConoHa WINGに申し込む

ConoHa WING にアクセスし、「今すぐお申し込み」をクリックします。

今すぐお申し込み

お申し込み画面になるので、左の「初めてご利用の方」にメールアドレスとパスワードを入力します。

初めてご利用の方
  1. メールアドレス
  2. 確認のため、もう一度メールアドレスを入力
  3. パスワード

すべて入力したら「次へ」をクリックします。

続けて、契約プランを選びます。

契約プラン

「プラン選択」の解説

①料金タイプ

料金タイプは「通常料金」と「WINGパック」があります。
3ヶ月以上サーバーを利用する場合は「WINGパック」がお得です!

②契約期間

契約期間を選択します。12ヶ月がおすすめです!)

③プラン

どれを選べばいいのか分からないという方は「ベーシックプラン」を選んでおけばOKです!

(プランは後から、いつでも変更できます)

④初期ドメイン

好きなものでOKです。(ここで設定する初期ドメインは特に使いません)
サイトに使うドメインは後ほど取得できます。

⑤サーバー名

好きな名前でOKです。(管理画面上で表示される名前になります)
特にこだわりがなければ、そのままで大丈夫です。

①〜⑤まで入力が完了したら「次へ」をクリックします。

契約手順②|個人情報を入力する

続いてお客様情報を入力します。

お客様情報入力

①〜⑨まで入力が完了したら「次へ」をクリックします。

続いてSMS認証を行います。①の電話番号を確認し「SMS認証」をクリックします。

SMS/電話認証

携帯に認証コードが送られてくるので、①に「認証コード」を入力し「送信」をクリックします

認証コード

これでSMS認証が完了です。

契約手順③|決済情報を入力する

続いて決済情報を入力します。

お支払い方法

「お支払い方法」の解説

①支払方法

支払方法は「クレジットカード」「ConoHaチャージ」の2つです。

②カード情報

・名義
・カード番号
・有効期限
・セキュリティコード(カードの背面に記載されている3桁の数字です)

お支払い方法の入力が完了したら、「お申し込み」をクリックします。

すると、以下のようなポップアップが出るので「今は追加しない」をクリックします。(無料独自ドメインは、後から追加できます)

今は追加しない

手順3|ドメインを追加する

それではConoHa WINGに移行したいサイトのドメインを追加していきます。

画像の通りに進みましょう。

ドメイン
  1. 「WING」を選択
  2. 「サーバー管理」を選択
  3. 「ドメイン」を選択
  4. 「ドメイン」をクリック

すると「ドメイン追加」画面が表示されます。

ドメイン追加
  1. 「新規ドメインを追加」を選択
  2. 「移行したいサイトのドメイン」を入力
  3. 「利用しない」を選択
  4. 「保存」をクリック

無料独自SSLは「利用する」にするとエラーになってしまうので、この段階では「利用しない」を選択します。(SSL設定は最後に行います。)

手順4|ConoHaのDNS設定をエックスサーバーに向ける

ドメインが追加できたら、次はダウンタイム(サイトが表示されない期間)を発生させないための作業を行います。

XserverのIPアドレスをメモする

まずはエックスサーバーのIPアドレスをメモします。

Xserverのサーバーパネルにログインし、メニュー画面の「サーバー情報」をクリックしてください。

サーバー情報

すると、サーバー情報が表示されるので、ここに記載されている「IPアドレス」をメモします。

この「IPアドレス」をメモする

DNSを書き換える

続いてConoHa WINDのドメインDNSを、メモしたXserverのIPアドレスに書き換えます。

ドメインリスト
  1. 「DNS」を選択
  2. 「追加したドメイン」をクリック
  3. 「鉛筆アイコン」をクリック

するとDNS設定が編集できるようになるので、以下の箇所をXserverのIPアドレスに書き換えます。

ここをXserverのIPアドレスに書き換える

画像のとおり①の、
・ タイプ「A(通常)」 名称「@」
・ タイプ「A(通常)」 名称「www」
の2箇所の値をXserverのIPアドレスに書き換えて、②の「+」アイコンをクリックします。

すると新しい項目が出てくるので、画像の通りに入力してください。

①「A(通常)」を選択 ②「*」と入力 ③「3600」と入力 ④XserverのIPアドレスを入力
  1. 「A(通常)」を選択
  2. 「*」と入力
  3. 「3600」と入力
  4. XserverのIPアドレスを入力

入力できたら「保存」をクリックします。

左下に以下のようなポップアップが表示されたら完了です。

成功しました DNS設定

手順5|サイトをコピーする(かんたん移行)

移行元のサイトからWordPressのデータをまるごとコピーしていきます。

はじめに

セキュリティ系のプラグインは、すべて切っておきましょう。データをコピーする際に引っかかってエラーになります。

まずは画像のとおりに「アプリケーションインストール」画面を開きます。

①サイト管理 ②ここが追加したドメインになっていることを確認 ③アプリケーションインストール ④アプリケーション
  1. 「サイト管理」を選択
  2. 追加したドメインになっていることを確認
  3. 「アプリケーションインストール」を選択
  4. 「アプリケーション」をクリック

するとアプリケーションインストールの詳細が表示されるので、画像のとおりに入力していきます。

アプリケーションインストール

「プラン選択」の解説

①アプリケーション

「WordPress」を選択。

②インストール方法

「かんたん移行」を選択。

③バージョン

そのままでOKです。(最新バージョンが選択されています)

④移行元URL

移行元サイトのURLを入力。

⑤サイトURL

「WWWあり」or「WWWなし」を選択。移行元URLと同じになるようにしましょう。

入力欄は空のままでOKです。

⑥移行元ユーザー名

移行元のWordPressのユーザー名を入力してください。

⑦移行元パスワード

移行元のWordPressのパスワードを入力してください。

⑧データベース名

特にこだわりがなければそのままでOK。

⑨ユーザー名

特にこだわりがなければそのままでOK。

⑩パスワード

8~70文字以内で「半角英数字・記号」をつかい、推測されにくいパスワードを設定します。

「コントロールパネルプラグイン」「自動キャッシュクリアプラグイン」は、両方とも「インストールする」にチェックを入れます。

すべて入力ができたら「保存」をクリックします。

するとサイトのコピーが始まり、ステータスが「移行中」になるので、しばらく待ちます。(サイトの規模によりますが、30分~数時間ほどかかります。)

ステータス 移行中

ステータスが「100%」になったら完了です。

ステータス 100% 完了
エラーになる場合

「失敗しました。移行元サイトログイン確認。入力形式が不正です。」
というエラーが出る場合、移行元サイトの「サイトのURL、アカウント名・パスワード」が誤っていることが原因です。

※サイトURLは、例えばWordPressを「wp」フォルダなどにインストールしている場合は「http://xxx.net/wp/」と入力します。

手順6|コピーされたサイトを確認する

サイトが正常にコピー(データ移行)されたか確認しましょう。

画像の箇所で確認ができます。

基本設定
  1. 「サイト管理」を選択
  2. 「サイト設定」を選択
  3. 「基本設定」を選択
  4. 「動作確認URL」を開いて、利用設定を「ON」にする
  5. 発行されたURLをクリック

手順7|ドメインのネームサーバーを変更する

ドメインのネームサーバーをConoHaに変更していきます。

ここでは「ムームードメイン」の場合で解説します。ムームードメインにログインし、画面のとおりに進みます。

コントロールパネル
  1. ドメイン操作の「ネームサーバ設定変更」を選択
  2. 移行したいドメインの「ネームサーバ設定変更」をクリック

ネームサーバ設定変更の画面になるので、以下のとおり変更します。

ネームサーバ
  1. 「GMOペパポ以外 のネームサーバーを使用する」を選択
  2. ConoHaのネームサーバーを入力する

ネームサーバ1に「ns-a1.conoha.io
ネームサーバ2に「ns-a2.conoha.io
ネームサーバ3に「ns-a3.conoha.io
と入力します。

入力したら「ネームサーバー設定変更」ボタンをクリックして完了です。

手順8|SSL設定をする

以下①~⑤の手順で「無料独自SSL」の利用設定を「ON」にします。

独自SSL

3時間ほどで「設定中」→「利用中」に変わります。

利用設定 ON  利用中

これで独自SSLの設定は完了です。

手順9|DNS設定を元に戻す

最後に、手順4でXserverのIPアドレスに変更したDNS設定を、ConoHa WINGのIPアドレスに戻します。

まずは、ConoHa WINGのIPアドレスをメモします。

契約情報 IPアドレス
  1. 「サーバー管理」を選択
  2. 「契約情報」を選択
  3. サーバー情報のスペックに記載されている「IPアドレス」をメモする

続いて、以下の手順で「DNS設定」の画面を開きます。

ドメインリスト
  1. 「DNS」を選択
  2. 「移行したドメイン」をクリック
  3. 「鉛筆アイコン」をクリック

DNS設定が編集できるようになるので、以下のとおり編集します。

①ここをConoHaのIPアドレスに戻す ②保存をクリック
  1. タイプ「A(通常)」の名称「*」「@」「www」の3箇所の値をConoHaのIPアドレスに書き換える
  2. 「保存」をクリック

以下のポップアップが表示されたら完了です。

成功しました DNS設定

これで、サーバー移転のすべての作業が完了です!

お疲れさまでした。それでは素敵なConoHaライフをお送りください!

ネット証券 総合ランキング!
第1位
詳しく見る
第2位
詳しく見る
第3位
詳しく見る

※掲載している情報については充分注意・確認をした上で掲載しておりますが、最新性や正確性を保証するものではありません。ユーザー様に、より有益な情報をお届けしたいと考えており、もし誤った情報がございましたら、当ブログまでご一報いただけますと幸いです。

お役に立ったら「ブックマークorシェア」お願いします!

稼ぐノウハウをいち早くGET♪

関連記事

プロフィール

田村です

元SEO会社出身のSEOマーケター。得意のSEOを活かし、専業アフィリエイト1年で月7桁達成。

詳しいプロフィール

◆Twitterはじめました◆
サイト運営、SEO、マーケティングについて呟いてます↓
@kasegood_

カテゴリー

人気の記事

新着の記事